高知市中心商店街のお散歩日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
つぶやき
ツィッターに寄せられた心温まる「つぶやき」。


駅員さんに「昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」って言ってる小さい子達をみた。駅員さん泣いてた。俺は号泣してた。


自衛隊が救助できた人1万人近いらしいし感動"福島の奴と話せた時に自衛隊の無双ぶりをきいた。マジですごいらしい。背中に年寄り2人背負って両腕に年寄り1人ずつ。計四人の年寄り抱えてダッシュとか普通にしてるらしい。それなのに、食事も睡眠もろくにとらず、笑顔で頑張っているようだ。"


バイトくんの中に、東北が実家の子がいたらしく。弟「今日はバイト休んでいいよって伝えてくれる?」従業員「わかりました(電話で)あ、今日、店休みだってさ」.......彼の伝え方に感動した。気遣いって、こういうことだ。


外国人から見た地震災害の反応。物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。


日本って凄い。官僚も民間も、皆で助けようとしている。トラックの運転手も有志で物資運んでるらしいし、東北の交通整備をヤクザさんがやってるという話も聞いた。最近、日本に対して誇りを持てないことが続いていたけれど、そんなことない。日本は凄い国だ。素直に感動してる。日本国の皆さん頑張ろう!


4時間の道のりを歩いて帰るときに、トイレのご利用どうぞ!と書いたスケッチブックを持って、自宅のお手洗いを開放していた女性がいた。日本って、やはり世界一温かい国だよね。あれみた時は感動して泣けてきた。


停電すると、それを直す人がいて、断水すると、それを直す人がいて、原発で事故が起きると、それを直しに行く人がいる。勝手に復旧してるわけじゃない。俺らが室内でマダカナーとか言ってる間クソ寒い中死ぬ気で頑張ってくれてる人がいる。
急に、給食中止、弁当持参になっても「もし弁当を忘れた子がいたら食べさせてください」と余分におにぎりを握ってくれる保護者がいた。その優しさ、あたたかさに感動(>_<)


ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気を付けろ。」と返事が。彼らはタフだ。肉体も、精神も。


ある自衛隊員が言った。「被災地で炊き出しをした際、たとえ余っても自衛隊員がは絶対食べないで缶詰の冷たいご飯を食べます。被災地の人用にお風呂を用意しても自衛隊員は入りません。そして出来るすべてのことやったらひっそりと帰る。それが自衛隊です」自衛隊は日本の誇りです。


亡くなった母が言ってた言葉を思い出す「人は奪い合うと足りないが分け合うと余る」被災者で実践されていた、この国の東北関東地震被災者の方々を、日本を誇りに思います、頑張ってください。


震災時の「おかえりなさい」→押さない、駆けない、笑顔を忘れない、理想を忘れない、泣いてストレス発散、サヨナラは言わない、生き延びる。今初めて知った!良いね、これ。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 商店街散策日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。